診療のご案内

フィラリア

フィラリアとは

フィラリア症とは、蚊に刺されることで感染する寄生虫疾患です。主にイヌの心臓や肺動脈に20~30cm位の糸状の寄生虫が寄生し、右心不全をはじめとして肝臓・腎臓・肺などに障害を起こします。
重度の寄生の場合、死に至る危険もあり、予防しなければ感染してしまう恐ろしい疾患です。

一度寄生すると根治させることが困難ですが、定期的に予防薬を投与することで感染を防ぐことができます。

フィラリアとは

薬の処方について

フィラリアの予防は、毎月1回薬を飲ませることで行います。
薬は「体内に入って1ヶ月後の幼虫を駆除」する効果があるため、蚊が出始めた1ヶ月後から予防を開始し、蚊がいなくなってから1ヶ月後まで続けることをおすすめいたします。
長野県では、春~秋(5月~11月頃)が予防薬の投与期間の目安となります。

フィラリアはイヌだけの病気ではありません。ネコやフェレットにも感染するため、予防が必要です。

フィラリアのワクチンについて

イヌ

当院では毎年、前年度のフィラリアの感染の有無を血液検査にて確認してから、予防薬を処方することを原則としています。
予防薬は、以下の3種類を取り扱っています。

  1. 錠剤
  2. チュアブル
  3. スポットオン(皮膚に滴下するタイプ)
ネコ フィラリア予防を希望される方には、スポットオン製剤をおすすめしています。
フェレット フィラリア予防を希望される方には、顆粒の製剤をおすすめしています。